「できる限り歯を削らない」こと、そして「残す」ことにトコトンこだわること

いとう歯科医院が患者様にお約束している第一の治療方針です

私は10年間の勤務医時代のほとんどを、都内の大手医療法人で過ごしました。そのクリニックは人通りの多い商店街の中にあり、小さなお子様からご年配の方まで数多くの患者様にお越し頂き、様々な治療をしてまいりました。そこで多くの経験を積み、患者様の様々な現実を目のあたりにしていく中で、「できる限り歯を削らない」こと、そして「残す」ことに強いこだわりを持つようになりました。

このページのトップへ

「できるだけ歯を削らない」ことへのこだわり

食べる楽しみは人にとって重要な元気の源の一つだと考えています。

その思いに至ったきっかけは、まだ私が医師となって日が浅かった頃、患者様のご自宅で治療を行う、“往診”で寝たきりの患者様を診させて頂いた時です。“動くことができない”という苦しみだけでなく、歯を失い、“食べる楽しみ”までも失ってしまった患者様を目の前にして、私は大きなショックを受けたのです。

この方に“せめて食べる楽しみだけでも与えてあげることができれば”と強く思いながらも、お身体に負担のかかる治療をすることが許されず、結果として“悪化させないこと”しかできなかったことで自分を責めたこともありました。

以来、私は“できるだけ歯を削らず、長く残す”ことを治療方針としてきました。人は皆、歯が悪くなってからその大切さを痛感し、通院が大変なことを実感します。例え少し歯が悪くなってしまっても、治療後に今まで以上にご自分の歯を大切にすることを実感して欲しいと思っています。

このページのトップへ

「一本の歯の大切さ」ご高齢のおばあちゃんからの感謝の言葉

自身の治療方針をより強く確信した出来事がありました。

それはご高齢のおばあちゃんの治療をさせて頂いた時。私は近い将来失うことになるであろうたった一本の歯を残すか、残さないかの判断を迫られたのです。いずれは総入れ歯になることを考え、弱った歯を抜くこともできましたが、私は“あえて残す”決断をしたのです。もちろん、近い将来この歯は失う可能性が高いこと、そして残した場合には十分なケアなケアが必要なことも丁寧にご説明しました。その結果、現在でもそのおばあちゃんは残した一本の歯を大切に維持し続けてくれています。

 

「この歯でなんでも噛めるんだよ」
「この一本を大切にしたいから、ちゃんと検診に来るね」
「いつも親身になって診てくれて、ありがとう」

 

このような言葉を言って頂けたことは今でも私の自信となっています。今では、おばあちゃんの自家菜園で採れた野菜を持ってきてくださり、医師と患者の関係だけではなく、人と人とのつながりも含めて患者様と信頼関係を築けていることに感激しています。

そして、このような経験を積み重ねることにより、安易に削るのではなく、“できる限りの可能性を考え、何が何でも患者様の歯を残さなければいけない”という想いをより強くした次第です。

このページのトップへ

「できる限り痛くさせないこと」へのこだわり・治療が終わった5年後に私を探して来てくれた患者様が教えてくれたこと

“できる限り痛みの少ない治療をすること”、“そして患者様の怖さをできる限り理解すること”、これも私が大切にしている治療方針の一つです。

私がその想いを強くした象徴的な出来事が、“とにかく歯医者が怖くてたまらない患者様”を担当させて頂いた時でした。

その患者様はとにかく「治療が怖い」、「痛くしないで欲しい」としきりにおっしゃっており、当時外れた詰めものを入れ直すことだけを希望されていました。しかし、詰めものだけでなく他の数本の歯も治療が必要な状況だったため、私は“とにかくまずは治療ではなく、医院の雰囲気に慣れてもらうこと”を優先し、治療当初は痛みのないクリーニングやメンテナンス等の治療を行い、また来院された際には少しの時間でも“必ずコミュニケーションをすること”を心がけていました。

その結果、根気強く通ってくださっただけでなく、その他数本の歯の治療も全く嫌がることなく最後までやりきってくれたのです。もちろん、治療の際には、できる限り痛みを抑えた治療を心がけることも忘れませんでした。

 

ただ、このエピソードには続きがあり、治療が終わって5年ほど経った頃、その患者様は別の医院で勤務していた私を探して治療に訪れてくれたのです。その時に言って頂いた言葉。

 

「どうしても伊藤先生に治療してもらいたかった」

 

“歯医者=痛い”と思われている患者様が非常に多いことを私は知っています。しかし近年の歯科医療は大幅に進歩しており、一昔前と比べて格段に痛みの少ない治療ができるようになっています。

いとう歯科医院では、丁寧で優しい治療をすることは当然のことながら、患者様もあまりお気づきにならないことにまで気を配って治療をさせて頂いています。例えば、患者様の呼吸の状態を踏まえた上で、最適なタイミングかつ最適な角度で治療を行うと格段に痛みは少なくなります。また、麻酔薬を注射させて頂く際には、薬液を体温くらいにまで温めるなどの工夫をすることにより、患者様の痛みをとことん少なくなるように心がけています。

このページのトップへ

どうしても地元・浦和の地で開業したかった理由~地域のみなさまのホームドクターを目指して

幼少期にわんぱくだった私は、よく怪我をし、骨折にいたっては左手を2回、両腕同時に1回というありさまでしたが、近所に優しい整形外科の先生がいらっしゃったおかげで、「何かあっても先生がいるから大丈夫」という安心感がありました。

私もそのように、地域のホームドクターとして皆様に信頼され、「いとう歯科医院に来てよかった」と思って頂ければ、歯科医として、これ以上幸せなことはありません。

これからも、地元浦和の皆様の声に真摯に耳を傾け、慢心することなく常に学び続け、皆様のご健康を陰ながら支えさせて頂く所存ですので、どうぞよろしくお願い申上げます。

 

いとう歯科医院院長
伊藤 綱一

このページのトップへ

ホワイトニング
お電話での診療予約はこちら
求人情報

いとう歯科医院

診療科目:一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科

大きな地図で見る

住  所:
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-3-7
ヴェルジュTM 1階
アクセス:
JR浦和駅北口から徒歩5分、裏門通り沿い。コインパーキングに隣接しておりますので、お車での来院にも便利です。